bottleのブログ

bottleのブログ

れておる事はない

間者がおります
耳元近くで囁いた時だった


ぐほっ …
背後で人が倒れる気配を感じ、まこが振り向いたのと男が床に突っ伏したのは同時だった
まこの脇から伸びていたヨンの腕が引くと鬼剣は直ぐ様向きを変え真後ろにいた敵の懐深く入り込む
まこは気配を感じていた一人に小刀を投げるのがやっとだったHKUE 認可性


申し訳ありません 三人もいたとは…
頭を下げるまこに、ヨンは首をふる


いや、相当な手練れだ
気付かぬのも仕方あるまい
それよりも、すまぬ事をした
そなたを盾にしたつもりは無いのだが、返り血で衣を汚してしもうた


いえ 着替えれば良い事です
それよりも、早よう奥様の元へ 此方です
まこは、先に進むようヨンを促したHKUE 呃人


場所は分かっておる
ここから先は、一人で行く
それよりも、そなたは兄を救えシン殿は死ぬ気だ


何故?


理由は分からぬが、そなたには話すかもしれぬ
キ・チョルの手下が来ておる
急げ
ヨンの言葉にまこは、急ぎ踵を返す


合言葉を知る者は間者です
まこは、すれ違い様囁いた


からくり屋敷は行きと帰りでは道が違うielts 考試
まこは記憶を辿りながら、やっとの思いで外に出る通路を見つけた


兄様 間に合って
隙間からこぼれる明かりを目当てに外に出た