bottleのブログ

bottleのブログ

るものは愛に満ち

  愛されないものは愛に飢え、「愛情貧乏」になる。愛情貧乏は自分には愛が足りないと思うから愛を求め、愛が不足しているから愛を与えようとはしない。そのため、愛を与えない愛情貧乏は益々愛されなくなり、益々愛情貧乏になる口服 避孕 藥


  しかし、愛というものを量ることはできないし、愛というものは本当は与えたり与えられたりするようなものではないのかもしれない。
 愛されているかどうかは本人の気持ち次第であり、恵まれた環境に育ってちやほやされれば自分は愛されていると思うし、恵まれない環境に育って冷ややかな扱いをされれば自分は愛されていないと思う。それぞれの境遇にはそれぞれにもっともらしい解説がもれなく付いているため、本人にとってはそれが決定的な事実のように思われるが、それらはいずれも本人の思い込みに過ぎない避孕方法


 愛は、愛されていると思えばあるし、愛されていないと思えばない。
 愛情持ちになるか愛情貧乏になるかは、結局は本人次第なのだろう。


  とは言っても、特に愛情貧乏の場合、往々にして幼いころから愛されていないという欠乏感を抱いている場合が多く、その分まで取り戻そうとして強欲になるため益々愛情貧乏になるという悪循環に陥りやすい。それは、愛されない自分というものを前提にしているからである。愛されない自分というのは、実は自分でもそんな自分が嫌いなのである。愛情貧乏が自己中心的になり自分のために欲深くなるのは、愛が欠乏して瀕死の状態である自分を救うための正当防衛だと感じているからであり、同時にそれが自分嫌いを隠すための偽りの自己愛となっているからである。当然、それは愛ではない。それは欲である避孕 藥