bottleのブログ

bottleのブログ

るのはクリスマスイブの

いつもは人気も少ないのに
やたらとカップルは多いしイルミネーションとやらが店はともかく個人宅にも無駄にキランキランしていた


あーうざいうざい
お前ら普段あんだけ地球温暖化がどうのこうの言ってるくせにこういう時はええんかいな
そんなキランキランして無駄遣いしてええんかいな
やってられんわ
白熊さんの気持ち考えろやNeo skin lab 好唔好
氷山削ってキランキランしてるやん
白熊さんの命削ってキランキランしてるやん
そんな創造力もない奴等がどうせキリスト教でもないくせに聖なる夜を祈ってるんだろ
命削って何が聖なる夜だよ


特にカップル
お前らだよ
イルミネーションはまだいいよ
実際温暖化との関連はわからんし
しかしカップルよ
イヴなのに部活で彼女もいない坊主頭の男どもの気持ちを考えろや
イヴだからって急に外人にでもなったつもりかreenex 效果
人前でいちゃつきやがって
イエローモンキーは外人様みたいに絵にならないんだよ
自分の顔鏡で見ろよ
見せつけるほどの面してんのかよ

れておる事はない

間者がおります
耳元近くで囁いた時だった


ぐほっ …
背後で人が倒れる気配を感じ、まこが振り向いたのと男が床に突っ伏したのは同時だった
まこの脇から伸びていたヨンの腕が引くと鬼剣は直ぐ様向きを変え真後ろにいた敵の懐深く入り込む
まこは気配を感じていた一人に小刀を投げるのがやっとだったHKUE 認可性


申し訳ありません 三人もいたとは…
頭を下げるまこに、ヨンは首をふる


いや、相当な手練れだ
気付かぬのも仕方あるまい
それよりも、すまぬ事をした
そなたを盾にしたつもりは無いのだが、返り血で衣を汚してしもうた


いえ 着替えれば良い事です
それよりも、早よう奥様の元へ 此方です
まこは、先に進むようヨンを促したHKUE 呃人


場所は分かっておる
ここから先は、一人で行く
それよりも、そなたは兄を救えシン殿は死ぬ気だ


何故?


理由は分からぬが、そなたには話すかもしれぬ
キ・チョルの手下が来ておる
急げ
ヨンの言葉にまこは、急ぎ踵を返す


合言葉を知る者は間者です
まこは、すれ違い様囁いた


からくり屋敷は行きと帰りでは道が違うielts 考試
まこは記憶を辿りながら、やっとの思いで外に出る通路を見つけた


兄様 間に合って
隙間からこぼれる明かりを目当てに外に出た

るものは愛に満ち

  愛されないものは愛に飢え、「愛情貧乏」になる。愛情貧乏は自分には愛が足りないと思うから愛を求め、愛が不足しているから愛を与えようとはしない。そのため、愛を与えない愛情貧乏は益々愛されなくなり、益々愛情貧乏になる口服 避孕 藥


  しかし、愛というものを量ることはできないし、愛というものは本当は与えたり与えられたりするようなものではないのかもしれない。
 愛されているかどうかは本人の気持ち次第であり、恵まれた環境に育ってちやほやされれば自分は愛されていると思うし、恵まれない環境に育って冷ややかな扱いをされれば自分は愛されていないと思う。それぞれの境遇にはそれぞれにもっともらしい解説がもれなく付いているため、本人にとってはそれが決定的な事実のように思われるが、それらはいずれも本人の思い込みに過ぎない避孕方法


 愛は、愛されていると思えばあるし、愛されていないと思えばない。
 愛情持ちになるか愛情貧乏になるかは、結局は本人次第なのだろう。


  とは言っても、特に愛情貧乏の場合、往々にして幼いころから愛されていないという欠乏感を抱いている場合が多く、その分まで取り戻そうとして強欲になるため益々愛情貧乏になるという悪循環に陥りやすい。それは、愛されない自分というものを前提にしているからである。愛されない自分というのは、実は自分でもそんな自分が嫌いなのである。愛情貧乏が自己中心的になり自分のために欲深くなるのは、愛が欠乏して瀕死の状態である自分を救うための正当防衛だと感じているからであり、同時にそれが自分嫌いを隠すための偽りの自己愛となっているからである。当然、それは愛ではない。それは欲である避孕 藥