bottleのブログ

bottleのブログ

を巡るアン王の動きとファラン皇后

最初の密書が何故テギョンの部屋で見つかったのか、
目的は何だったのか、胡国に呼びに来たジフンと、捕えようとした謎の集団、
まだ憶測にすぎないが、それらは一本の線に繋がっている透明質酸 下巴


ジョンヲルは人の少ない所を選んで歩きながら、過去と現在を行き来した。
見るすべての風景が記憶と結びついている、


子供の頃、凧上げをして糸が絡んだ木、冒険と称して走り回った庭、
大切にしていた馬に弓の練習場と剣の練習場、
シヌがよく居た書庫に母に甘えるジェルミ、そして兄上。


記憶は、疎まれ続けた幼少期へと遡(さかのぼ)り、少し感傷的になっていた。


そんなジョンヲルに、探し回ったのか息を切らした宮女が手紙を手渡した。


ファランのもとにジョンヲルが訪れた時、
ジフンに届けるようにと、ファランが手紙を渡しているのを見た。
中を見ずともこれがファランの手紙だと分かるNeo skin lab 代理人


ジョンヲルは確かにと受け取ると、すでに封の剥がされた手紙の中を確認して、
懐から簡易の筆と紙を取り出し、まったく同じように書き写した。


そして、それを持って手当てを受けているシヌを訪ねる。


仮面の姿のジョンヲルに、
シヌは眉を寄せ、「何者だ。」と怪我を負った肩を押さえて問う。


「謀士、残月(ジョンヲル)と申します。 怪我の具合はいかがですか。」


ジョンヲルは頭を下げて挨拶をした。


「そなたが・・・    都で、今をときめく仮面の謀士が・・・私の会いに?」
「第二皇子の招待で武術大会の見物に来ました、
 ですがここには、この手紙をお渡しする為に参りましたNeo skin lab 介紹人。」


ジョンヲルは書き写した方の手紙を差し出し、
シヌはそれには目をくれようともせずにジョンヲルを見続けた。


散歩できへんなぁ

恭子ちゃんが心配そうに言うと、
「大丈夫! 帰るころにはみんなで仲良く遊んでたよ。可笑しいね。なんであんなにケンカしてたんやろNeo skin lab 好唔好。」
「へぇ」
「でも、先生のお父さんの膝に乗ったらすぐに寝ちゃったんよ。可愛かった。」
「膝の上? 子犬なん?」
恭子ちゃんが驚いたように言いました。
「うん。」
「私、てっきり、カイちゃんと同じ年なんかと思ってたわ。ブリーダーさんやってはるの?」
「う~ん。違うみたいと思うけど……。でも、すごく懐いてるし大事にしてくれそうだからってNeo skin lab 好唔好。」
「そう……。ま、先生ところが大変やったら、うちも、もう1匹ぐらい大丈夫やろ。」
恭子ちゃんの言葉に反応するように、ジロが心細そうに見上げました。
「なにを心配そうに見てるの。ジロたん。先生ところはお父さんが体不自由やし、お母さんも体が弱いから、ちょっと気になっただけ。でも、もしかすると、カイ犬ちゃんが来たことで、みんな元気になったりして!」
恭子ちゃんはジロの頭をワシワシと撫でましたNeo skin lab 好唔好

ヶ月を迎えようとして

近頃では…顔の表情も豊かになり
ヨンやウンス…使用人を見ても
笑みを浮かべ、はや人気ものの片鱗が
垣間見える。


「奥方様…ようございましたNeutrogena 細白晶透光能面膜機・・
お風邪もおめしにならずすくすくと
お育ち下されて・・エギョンは
感無量でございます」


「そうね…旦那様の血をひいて
強い子だわ…エギョン・・・言葉は
違うかも知れないけど、あのねNeutrogena 細白晶透光能面膜機
私の世なら生まれたばかりの赤子が
大病を患っても、すぐに診てくれる
先生も、あ!医員ってことね
たくさん居るし、設備も整った大きなNeutrogena 細白晶透光能面膜機
えっと… 典医寺みたいな医院もたくさん
あるのよ…でもここはないじゃない?
だから…心配していたの・・・」


「そうでしたか…高麗では百日まで
無事に育つ赤子は・・・。
旦那様、奥方様のお子だったことと
先代様のお導きがあったからこそ!
奥方様…百日祝いを致しましょう」